糖尿病患者にとっての桜の葉の利点|私は健康です

Diabestfriendsはさくらんぼやさくらんぼに精通している必要がありますよね?しばしばタロックとも呼ばれます。小さな形と甘い味わいで、さくらんぼは多くの人に愛されています。しかし、サクランボは味が良いだけでなく、葉を含む多くの健康上の利点があります。糖尿病患者にとってチェリーフルーツの葉の利点があります。

人間は栄養とエネルギーの源としてブドウ糖を必要としています。体内では、ブドウ糖はホルモンのインスリンによって制御されているため、そのレベルは正常なままです。インスリン抵抗性がある場合、血糖値は劇的に上昇します。この状態が糖尿病の原因です。

糖尿病はまた、腎臓、心臓、肝臓または肝臓の損傷、脳卒中など、病気の多くの合併症を引き起こす可能性があります。したがって、糖尿病を予防するために、糖分や炭水化物を多く含む食品を食べることは避けてください。砂糖を食べすぎると、血糖値の生成がインスリンホルモンによって制御されなくなる可能性があります。

糖尿病の人は、体内で代謝障害や糖分処理をしています。そのため、糖尿病患者に傷があると、治癒するまでに非常に長い時間がかかるか、治癒すらしません。さて、桜の葉は糖尿病の傷を治療するのに役立ちます。さあ、話そう!

また読む:糖尿病患者、妊婦、母乳育児のためのモリンガの葉の利点

糖尿病患者にとっての桜の葉の利点

茹でた桜の葉の水は、糖尿病の傷を癒すのに役立ちます。 Ninik Andrianieという女性には、糖尿病の傷を負った母親がいます。彼の腰の傷は治らず、悪化していました。

ニニックは傷を克服する方法を見つけます。彼女の友人は、母親に桜の葉の煎じ薬を飲むように勧めました。最後にニニックは桜の葉を乾かし、お茶を淹れるようにお湯を注ぎました。

彼女の母親は、桜の葉から沸騰したお湯を1日2回飲みましたが、傷はどんどん良くなり、ようやく完全に治りました。彼の消費の初めに、彼の母親は熱を持っていました。また、傷口からも膿がにじみ出ていました。しかし、さくらんぼの煎じ薬を2日間摂取した後、膿は止まりました。しかし、傷はまだ出血していた。茹でた桜の葉を1ヶ月間摂取した後、傷は治り始めました。その後、傷は閉じ、小さくなりました。

また読む:初期の症例所見は糖尿病管理の焦点の1つです

スハルジョノのディポネゴロ大学医学部の教授によると、サクランボの葉にはサポニンとフラボノイドが含まれています。どちらも抗酸化物質として働き、血糖値を正常化するのに役立つインスリンのような特性を持っています。

このチェリーリーフハーブソリューションは、テガルの職業学生によっても開発されました。さくらんぼの葉を揚げて乾かします。乾燥後、葉を細かく挽いて包み、使いやすくしています。

糖尿病性創傷の治癒を促進することに加えて、桜の葉の水煎じ薬は、心筋機能の制御、コレステロールの低下、高血圧など、他の多くの健康上の利点もあります。桜の葉の煎じ薬は、防腐剤や抗炎症剤としても使用できます。

したがって、チェリーウォーター煎じ薬を使用して、糖尿病性創傷治癒プロセスを助けることができます。ただし、桜の葉の煎じ薬を摂取する前に、Diabestfriendsはまず医師に相談して、Diabestfriendsの状態に対して安全に摂取できることを確認します。 (UH)

また読む:危険、糖尿病における睡眠不足。修正方法は次のとおりです。

ソース:

農業技術評価研究所(AIAT)西スラウェシ。糖尿病治療薬としてのナンヨウザクラの葉(カーソンの葉)の利点。 2016年8月。

ライフハック。あなたが知らないかもしれないカーソンフルーツの13の素晴らしい健康上の利点。

実用的な健康とウェルネスソリューション。カーソンフルーツ/製品の健康上の利点。